「足跡のない道」の歌詞 GANGA ZUMBA

2009/6/18 リリース
作詞
宮沢和史
作曲
宮沢和史,高野寛
文字サイズ
よみがな
hidden
きみとふたりである足跡あしあとのないみち
だれかがいたみちだから いつかはたどりけるだろう

きみ背負せおってある夕暮ゆうぐれの坂道さかみち
ぼくらがつけた足跡あしあとは きっとだれかがみしめる

サクラのはなころとお故郷こきょうゆめ
あゆみをめて見上みあげれば しろ雲河うんがのぼ

こぼれちるあせ大地だいちうるお
名前なまえのないこの野道のみちはなかせるだろう
あふれだすなみだ大河たいがながれて
いつのにかこの大空おおぞらあめらせるだろう

きみとふたりでわた紺碧こんぺき海原うなばら
だれかがけたはしだから きっとこうにけるだろう

きみわたもどれない荒海あらうみ
ぼくらがげた花束はなたばは きっとどこかでいている

イペーのはなころとお記憶きおくゆめ
秩序ちつじょ進歩しんぽねがうたび あお夜空よぞらほし

こぼれちるあせ大地だいちうるお
名前なまえのないこの野道のみちはなかせるだろう
あふれだすなみだ大河たいがながれて
いつのにかこの大空おおぞらあめらせるだろう

こぼれちるあせ大地だいちうるお
名前なまえのないこの野道のみちはなかせるだろう
あふれだすなみだ大河たいがながれて
いつのにかこの大空おおぞらあめらせるだろう

いつのにかこの大空おおぞらあめらせるだろう