「夢のひとつ」の歌詞 ゴルゴ13 ED GARNET CROW

2008/8/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あいわったとたがいにってる
だけどときめるように
ひさりだね こんなゆっくりはなしをしてる

さき自由じゆうもとめたのは
どっちかなんてどうでもいい
わかれをめてあいしてたことなつかしくなる
それだけね

なくしてづいてまたさびしがる
身勝手みがってこころ
いたみは何度越なんどこえても
想像そうぞうした程強ほどつよくなれないけど

ゆめのひとつ みただけ
明日あしたかえりましょう
こんなおだやかなよるには
さまようものよ
目覚めざめてきみみちあるいて
生命ときはかないものなのに
ひとときもとめすぎる

茜色あかねいろそら綺麗きれい
きみきらいなまちだけど
ねぇ 近頃ちかごろ
うつりゆくものもとめることにつかれたみたい

それでもあいしてるとったそのぶんだけの
混乱こんらんせてはさぶる
まるであらしよるのよう

ゆめのひとつ みただけで
そしてまたあさ
一人何処ひとりどこへでもゆけるよ
自由じゆうはず
ね、いま背中合せなかあわせのままで
おなそらをみているみたい
きみ気配感けはいかんじてしまう

ゆめのひとつ みただけ
明日あしたかえりましょう
こんなおだやかなよるには
さまようものよ
だれかをいつももとめているの
おなじではいられないのに
ひとはそういうものでしょう