「彼方まで光を」の歌詞 GARNET CROW

2007/11/14 リリース
作詞
Azuki Nana
作曲
Yuri Nakamura
文字サイズ
よみがな
hidden
そらかってかざしたくろいガラスには
けてゆく太陽たいようがあり
ならんでた あの不思議ふしぎ光景こうけい
きみはまだおぼえていますか

うしなってゆくものめるよう
なにかを手探てさぐさがしたり
やさしくなれなかった自分じぶんめるとき
おもひと

彼方かなたまでひかり
あてるよう おもいめぐれ
いま えないきみつたえたい気持きもちが
をなくして はじけたよ

そば見守みまもることも
ゆるされぬいまでは
せぬおもいだけが
いましめのようむねすよ

言葉ことばではもう つたえることは出来できない
気持きもちならわすれようとして
‘やさしさ'はそう ときてばほど
むねひびくものだって

そうね どんなものだってきっと
つながっているよねってはなした
とお宇宙うちゅうはじまりとわりさえも
ひとつなんだと

彼方かなたまでひかり
あふれるよう いのめた
あやしくらす そのいろかさなる日々ひびなか
いつかわりゆく

かぜつめたくなって
また季節きせつわって
途切とぎ途切とぎれの記憶きおく
とおくなります
いろあざやかに

いつからか
彼方かなたまでひかり
すように日々ひびめぐ
出会であえたひとも どれ位覚くらいおぼえて
いれるかからないけど ほら

まる大地だいち
らしているぼく
うようにね
仕組しくまれてるって
おもいたいな