「百年の孤独」の歌詞 真救世主伝説 北斗の拳ZERO ケンシロウ伝 ED GARNET CROW

2008/10/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
とおまちこう 太陽たいようちて
宵待よいまちの星現ほしあらわれる
そら昨日きのうまでと まるでおなじなのに
ほろくのは このこころ

すようないたみも
そこえない暗闇くらやみ
たしかにかんじられるのに
あいだけはまど

百年ひゃくねん孤独こどくとされしもの
かなしみをいだ時愛ときあいつよくなるでしょう
いま幾千いくせん生命いのちきながらまれる
そのひとみひかり

やすらぎもとめて日々ひびはまだ
あらそうことけられぬ

絶望ぜつぼういかりのなか
たたかうのは
やがておとずれる無力むりょくさか

大切たいせつだれかをくしたくないおもいのなか
あいよくわり
ゆがんでさまようよう

百年ひゃくねん孤独こどくきてゆくもの
正義ただしさ時代ときなか
かたちえるものね
ながかなしみの闇夜やみよけがされぬように
ほしよ まだらして

百年ひゃくねん孤独こどくとされしもの
かなしみをいだ時愛ときあいつよくなるでしょう
いま幾千いくせん生命いのちきながらまれる
そのひとみひかり