「Holy ground」の歌詞 GARNET CROW

2006/9/13 リリース
作詞
AZUKI 七
作曲
中村由利
文字サイズ
よみがな
hidden
きみのいない未来みらい
ただおおきなやみにみえ
んでしまえばきなくていい
そんなことばかりかんがえてた
おだやかな月明つきあかりに

体中からだじゅうたした こんなつよ気持きもちに
出会であえたから もうなにもいらない
しがるすべ なくしてもいま
びるの?

とおぎた幸福こうふくとき
いまをただ無意味むいみえる
んだからだ
昨日きのうまでの健康しあわせよろこぶなんてことしない

ただがれるようにもとめてた
日々ひびは するり 蜃気楼しんきろうこうへ
今日きょうわれば今日きょう
出遭であうことないゆめをみては
まだごすなら

あたつづけることでしかたされない
聖地せいち辿たどこう
をなくした情熱じょうねつ
えてゆくよ

不確ふたしかな気持きもちをかかえながら
家路いえじ辿たどりながら昇華しょうかしてゆく
まもるべきものたないなら
なにいのろうか

世界せかいやさしいひかりにいつかつつまれますように...
なんて偽善者ぎぜんしゃみたいなねがくちにして
本当ほんとうわればいい

ふかきずよりも いつのにか
いとしい気持きもちがのこるように
明日あすがくればまた明日あす
やさしいほうたおんでゆけるように...

いつかそのあしあるいてゆけるときがきたら
聖地せいち辿たどける?
をなくしたココロは
いつか目覚めざめて
うごなみにのって
きっとまれるよ