1. over blow歌詞

「over blow」の歌詞 GARNET CROW

2006/3/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
coffeeコーヒー 両手りょうてにぎりしめて
とき夕暮ゆうぐびてゆくかげ

平坦へいたんであれ がりくねってようと
クルクルとまわる自転車じてんしゃのタイヤのもよう

ahアー- ゆがんでしまっても どこへだってころがってゆくから

becauseビコーズ...overオーバー blowブロー
かぜいて きみのにおい さらってゆくよ もう跡形あとかたもなく
まばたきのあいだまで ためされてるみたいに

上空迷じょうくうまよえないふりの
とりのようにね もどらなくても

ひとつわらって 安心あんしんさせた
キラキラとひかまぶしさはむねしたんだ

ahアー- 約束やくそくだれらぬうちやぶられたとして

becauseビコーズ...overオーバー blowブロー
あさむかきみこえこえたがして ゆめからさめたら
やわらかな太陽たいようが ただそこにれていた

想像そうぞうしたなかきてゆける
ぼくきみ出会であとがった気持きも大切たいせついて

becauseビコーズ...overオーバー blowブロー
わすれてしまう 物語ものがたりがふえてく とき中散なかちらばってゆく
かわるがわるのぞいたちいさなねがたち

かぜいて きみかげを さらってゆくよ もう跡形あとかたもなく
まばたきのあいだまで ためされてるみたいに