1. 夏音歌詞

「夏音」の歌詞 GLAY

2006/9/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なつそら今日きょう青空あおぞらきみおもすからきらいだった

きみこえこえる みみをくすぐるひび
れてるきみなつおとまぎれて

かなしみの微笑ほほえみを よろこびのなみだ
そのひとひとつが ぼく宝物たからもの

あの日出会ひであって つめって ゆびれていとしさった
もとって こいちた なぐさって あいになった そんな日々ひびあと

なつほしはとてもまたたいて きみのはしゃぐ様子ようすうれしくて
もっときとつたえたかったけれど 言葉ことばにも出来できないまま
なつおとはとてもはかなくて きみおもすからせつなくて
きっといつかきみかなしみを すべ背負せおうそれがぼくゆめだった

あのころ...

きみひとみじて くちびるふるわせた
ずっとわすれないでと ったようがした

つきかおかくして やみふかさを
見上みあげたほしいま 人知ひとしれずにえた

ときはきっと ぼくなかしからきみをさらって
あのぬくもり あのやさしさ あのときめきかないで どうかかないで

夢中むちゅうけた二人ふたりのページから きみおもばかりあふ
そっとそっととびらければ あのあのときおなじで
なつそら今日きょう青空あおぞらきみおもすからきらいで
一人読ひとりよんだ最後さいごのページには 『精一杯生せいいっぱいいきたあかしようこいでした』

ぼくこいはずっとそのままで一人大人ひとりおとなになるのがさびしくて