「STREET LIFE」の歌詞 GLAY

2003/10/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくこころ巣喰すく卑怯者ひきょうものんで
もうすこ自分じぶんむねってきられるはずさ
かちえた友達ともだち
見守みまもっていてくれたあたたかなひとなかから
もう旅立たびだときなんだろう

おもひとつものこさずに明日出あしたでてゆこう
きずなあいもとめてごえげるけど

産声うぶごえげ ひとりであるけた日々ひびはぐくんだゆめ
夕暮ゆうぐれの交差点こうさてん ひと背中せなかうつ
いた わらった たしかにあいした
あなたに出逢であえてよかったといまさらになってうなんて
どうかしてるだろう?
ぼくすこしだけこころくゆらして そしてかばいながら
様々さまざま季節きせつさがして このまちきるんだ

みつむらがる大人おとなめたにら少年かれ
なにいま 情熱的じょうねつてきであるべきかを必死ひっしさがしてる
つかれにむくんだあしで それでもまだあるくのは
かなしませない かなしませたくない だれかがそばにいた

デタラメの日々ひびにもつかれ わがままばかりだったな
そのすべてをささえてくれた あなたをわすれない

こいわずらだれかをあい
やがて永遠とわわかれのるまでに
どれほどしあわせにできるだろう…
あいしてゆこう あいしてゆこう ひときずつけた過去かこ背負せお
つぐなれぬつみぼくむねにかみしめきてゆくんだ

裏切うらぎりや悪意あくいねたみに 今日きょうもまただれさらされている
たよりのかみ失業中しつぎょうちゅう 人生じんせいってヤツは
だからぼくら… がむしゃらに

ねぇ 僕達ぼくたちはきっとどこかで すこしだけなに間違まちがえたかな?
いまは まだわからない だれにもわからないよね
産声うぶごえげ ひとりであるけた日々ひびはぐくんだゆめ
夕暮ゆうぐれの交差点こうさてん ひと背中せなかうつ
いた わらった たしかにあいした
ぼくはこのうたうた
いつかこえれても
ぼくすこしだけこころくゆらして そしてかばいながら
様々さまざま季節きせつさがして このまちきるんだ