「pure soul」の歌詞 GLAY

1998/7/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
何不自由なにふじゆうのないらしだな
だけどなにたされぬ
そんなよるもあるだろう
そんなよるもあるだろう
なにおそれているのかも
わからずまちびだした
必死ひっしでつかもうとしている
栄光えいこうおおきな意味いみ
明日あしたげかけたとしても
のぞまない結末けつまつもある
かえらしのなか
けられぬ命題めいだいいま
背負せおって まよって
もがいて 真夜中まよなか
出口でぐちさがしている
手探てさぐりで
さいときおとず
人生じんせい岐路きろたたず
とも数々かずかずゆめ
いかけあせ
なが仲間なかまもいたな
こえける少年しょうねん
かえ余裕よゆうすらなく
れたわかさののこ
このむねにくすぶらせている
いま夜明よあけはとおく」
きてゆくためかしこさを
いまひとつ
てずにいるの」と
だれかがふいにボヤいても
それはみんなおなじだろう
ささやかなよろこびのため
いくばくかの
じょうてたとき
ゆめ大事だいじにしろよなんて
いつからか
えなくなっていた
ひとりにはなりたくないと
れたよる
あったな・・・
あの日々ひび2人ふたりがなぜに
こんなにもいとしくえる
ずいぶんとおくへ
ずっととおくへ
2人肩ふたりかたをならべて
あゆんだけれど
あいあいのままじゃいられず
いつかかたちえるだろう
ともきる家族かぞく 恋人こいびと
ぼくはうまく
あいせているのだろうか
よくできた解答かいとうてに
なやみぬくなかはなぜ?
平凡へいぼん
アカのついた言葉ことばでも
あいしてるとつたえてほしい
あなた言葉ことば
こえなくなるほど
とおくにました
おさなころ子守歌こもりうた

夜明よあまえ
ひとりで高速こうそくはしった
ぎゆく景色けしき 季節きせつ
おもいきどおすべてを
えてみたくて Oh…
さいときおとず
人生じんせい岐路きろたたず
いまいる自分じぶん
ささえてくれたひと
このうた
こえてるだろうか?
いのるような毎日まいにちなか
もっとつよきてゆけと
すこしだけ弱気よわき
自分じぶんはげます
もうもどれぬあのそら
ひとやさしさにれたとき
なぜかおもことがある
はじめてひとあるした
おさなぼくつめるそのあい