「サンライズジャーニー」の歌詞 GLIM SPANKY

2015/2/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
大人おとなしくバスをっている 幼気いたいけ僕等ぼくら
仲間なかま先知さきしらないで んでったな
ポケットのコインかぞえたら 不安ふあんけるから
大好だいすきな歌口うたくちずさんで 煙草たばこをつけた

くしゃくしゃになった 片道切符握かたみちきっぷにぎるのさ
わらわれたって 最後さいごわらえるはずさ

ずっとバスをっていた
時代じだいつねわりつづけてた
まれゆくひとながめては
「きっと僕等ぼくらくるまじゃない」

ずっとバスをっていた
ボロボロでさきめなくて
だけど予感よかんむねさわぐのは
きっと僕等ぼくらおもみじゃない

かばん荷物詰にもつつんで 背負せおってきたけれど
かるくしていこう これからはでこぼこみちだから

ぼくらは何度躓なんどつまづいたっていいんだよ
のんびりこうぜ いつかは辿たどけるさ

ずっとバスをっていた
時代じだいつねわりつづけてた
まれゆくひとながめては
「きっと僕等ぼくらくるまじゃない」

ずっとバスをっていた
びたボディときしむブレーキと
かぜ予感よかんむねさわぐのは
きっと僕等ぼくらおもみじゃない

ずっといまっていた
時代じだいぼくかたたたくから
かぜ予感よかんむねたか
これは僕等ぼくらおもみじゃない
ぼくらのおもみじゃない
ぼくらのおもみじゃない