「ひとりたび」の歌詞 GO!GO!7188

2006/10/18 リリース
作詞
ノマアキコ
作曲
中島優美
文字サイズ
よみがな
hidden
ここではないどこかへきたくていつだって
本当ほんとう自分じぶんとやら さがしてはながされて

見上みあげるそら流星群りゅうせいぐんってる

あいまいなぼくらのたびつづ
微熱びねつったままの おももれながら

不安ふあんだらけのこのそらこうがわ
それでもぼくらは夢見ゆめみることやめられない

もし国境こっきょうがなくなったとしても

しかった自由じゆうにはとどかない
うそのない世界せかいなんてないことったから

バスにられながれるまど外指差そとゆびさして
だれかがなにかをつたえようとしている
きゅうきみいたくなった

をつなごう つよくつないでいよう
ちいさな二人ふたりにただひとつできること

あいまいなぼくらのたびつづ
微熱びねつったままの おもてて
あこがれに着替きがえよう