1. だけどぼくらは知らない歌詞

「だけどぼくらは知らない」の歌詞 GOING UNDER GROUND

2007/6/13 リリース
作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋
文字サイズ
よみがな
hidden
ねがいごとだったら、まだこえにはしないようにね。げられちゃうから」
おなじようにぼくはいま 言葉ことばよりもっとたしかな鼻歌はなうたってる

シュナイダーのレンズで ちいさくなっていた景色けしきていたよ
そのおく

かがやいた日々ひび れたくてばそうとしても 不確ふたしかな気持きもちになる
きみがとおくでなにおもっても その半分はんぶんさえぼくにはとどかない

足下あしもとにうずくまってるおもいは かぜにまぎれて にぶひかってる

つきらされた舗道ほどう しずかなこえ
「ぼくには、なにができるの?」
ふかかなしみはいま かねのようにとおってる
うみえてくれ

ひろくなった視野しやで ぼくはあるいていく
できるだけつよかえ

いつだってほら ぼくらとおくでっているよ 不確ふたしかなこえのままで
かぜとジョークがった日々ひび
間違まちがっていても そんなこと問題もんだいじゃないんだ

明日あすのことを ただねがってるおもいははしはじめた
おそれもしないで

じて 言葉探ことばさがして うたうたっていても まだりない
おもって想像そうぞうをかきしたら 夢物語ゆめものがたりなんてありやしない

それでもまだ ぼくたちはしんじあうんだろう
ねえ どうして

つたえたいことがつたわったとして
もっともっとちかくにけたら素晴すばらしい
だけどぼくらはらない
本当ほんとうのことを

たとえば今日きょうから きみがとおくへ旅立たびだつとしても
ぼくならこううだろう

いつだってほら ぼくらとおくでっているよ 不確ふたしかなこえのままで
いつかぼくらは どこかとおくでめぐうだろう 出会であいが本当ほんとう奇跡きせきなら

本当ほんとう奇跡きせきなら