1. 南十字歌詞

「南十字」の歌詞 GOING UNDER GROUND

2006/6/28 リリース
作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋
文字サイズ
よみがな
hidden
ながたび記憶きおく
真夜中まよなかしていた時計とけいを もとにもどしてゆく
ゆめれに沿って
あたたかなうみそうとしてる
だれこたえない未来みらいを ずっとひとりで
かぜのようにいでった 無我夢中むがむちゅう

何度なんどちかづけることを それだけをおもって そら
未来みらいへのことをひろげたら かぞえきれない

あさやみをこらしてえがいていた図形ずけい
むねがしてゆく
なみおとって
もうどこにも きみがいないようながする

かがやきだけが をすっとひらいて
ゆめのようにっていた南十字みなみじゅうじ目指めざした

いまてることをたよりにしておいて ボートをいだ
未来みらいへのことひろげたら かぞえきれない

つめたくなったぼくのおなじくらいのつめたさで
いま 気配けはいして頭上ずじょう幽霊ゆうれいくも
まれわった雨粒あまつぶよ すべてを

わすれないこえむねにひとつって
どこにでもきみをえがくようにすす

何度なんどちかづけることを それだけをおもって そら
未来みらいへのことをひろげたら かぞえきれない

いまてるこの世界せかいして いにくんだ
未来みらいへのことひろげたら かぞえきれない