「偏愛の輪舞曲」の歌詞 カーニヴァル OP GRANRODEO

2013/4/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
えるあい種類しゅるいてなく
孤独こどくとひきかえにまるlie
いろ採々とりどりおとをつらぬいて
身体からだはな美味びみなる温度おんど

たまにあふれるくせにまよって
つけたあたらしさにたよって
よるおとずれをはなのように
ひかりおそれてる

まわえゆくまで
そのがすすべてさらけ
しなやかに
しずくつめる

あいかせるため言葉ことばってるのに
あいかたため言葉ことばはない
れてふるえたって
はるかどお素顔すがお
がれるぬくもりのストーリー
そのみみのこるのは偏愛へんあい輪舞曲ろんど

苦悩くのうみちびかれた欠片かけら
無数むすうかたまりこぼれて

こころはかなえるひかり
忠実ちゅうじつ共鳴板きょうめいばん

ともせまどろむまであまやかな手触てざわりで
ねつめぬならおど
シルエットはれる

仮初かりそめの楽園らくえんせるすべはあるのに
その場所ばしょくチケットがない
まぼろしつかって
それも真実しんじついて
かたよったこのおもいの比重ひじゅう
かなしみをしていくだけなのか

はなびらにはかなおもせても
はなかんじはしないだろう
きしめてふるえたって
人並ひとなみなごと
つみなきありきたりなストーリー

あいかせるため言葉ことばってるのに
あいかたため言葉ことばはない
れてふるえたって
はるかどお素顔すがお
がれるぬくもりのストーリー
つみなきありきたりなストーリー
そのみみのこるのは偏愛へんあい輪舞曲ろんど