1. 光について歌詞

「光について」の歌詞 GRAPEVINE

1999/4/21 リリース
作詞
田中和将
作曲
亀井亨
文字サイズ
よみがな
hidden
すこしはこの場所ばしょれた
余計よけいなものまで
れた
イメージのちがいに
気付きづかなかった
ひとながながめながら
時計とけいをこの
たしかめるが
季節きせつわりはじめていた
いつのまにか
そうきっと
いそつかれたんだ
ほんのすこ
情熱じょうねつかかえたままで
ってたのさ
なにもかもすべ
受止うけとめられるなら
だれていられた?
なみだながれて
使つかえなかった言葉ことば
そらかべていた
いつも いつも
こころはただここにあった

仮定かていだらけの
話題わだいになれば
こたえをすのを
あきらめるが
溜息ためいきこうで
だれかがいつも
っていた
もう一度いちど
きみえても 本当ほんとう
もう二度にど
とどかないようがしてた
ひかりたされてゆく
この世界せかいなか
なにをしていられた?
だれもがうかれて
理解わかりあったつもりなら
それだけでいられた
いつか いつか
わすれてゆくひとになるさ

そうきっと
昨日きのうつかれたんだ
ほんのすこ
情熱じょうねつかかえたままで
ってるのか
なにもかもすべ
受止うけとめられるなら
なにていられた?
だれもがうかれて
理解わかりあったつもりなら
それだけでいられた
いつも いつも
ひかりにさらされてゆく
この世界せかいなか
きみていられた
なみだながれて
こえなかったとしても
そらかべていこう
いつも いつも
ぼくらはまだここにあるさ