「友達の唄」の歌詞 GReeeeN

2012/6/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かえれば はるとおみちびかれた日々ひび青春せいしゅんわだち
出会であわかれて まよなやんで ここまでたどりいた物語ものがたり

ぼくらをみち さき がりくねってたって
こころゆずれない 一本いっぽんみち

きっと ぼくらの日々ひびはじまったばかり どこまでもこう たまにわらって
明日あす行方ゆくえだれもわからない かぜかれて みち途中とちゅう

ぼく出逢であって いつもいかけて 喜怒哀楽きどあいらくともえたわだち
なにもないころからだって どうにかやってこれたね きみきみめない物語ものがたり

ととのった落書らくがきは かっこくはないさ
おもえがくんだ だれよりもあせかいて

きっと 一人一人ひとりひとりは かすかなカケラ かさなりあって ぼくらをつく
たまのなみだわらおう かぜかれた みち途中とちゅう

何故なぜ出逢であって いつのにかって らずらず たどりいて
このさきあと何年なんねん? どこでどうなっても わらないんだろうな
すぐ見失みうしないそうで 道忘みちわすれそうで けそうになるけど
一人ひとりじゃないって ミンナでわらって どこまでもいこうか

ぼくらは まれそだちは ちがひかりたがいをらし かがや生命いのち
みちけわしく とおつづくだろう くもかぬも すべ

たどり日々ひびいまから まだつづくから たのしみながら きずすられて たび
明日あす行方ゆくえだれもわからない かぜかれて みち途中とちゅう