1. 父母唄歌詞

「父母唄」の歌詞 GReeeeN

2009/6/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
おさなころ あれはなつのあの あなたの背中せなかかえみち
あそつか僕遅ぼくおそくなり あなたに心配しんぱいかけていた日々ひび

あれからいくつか年月としつきすこ生意気盛なまいきざか反抗期はんこうき
体当たいあたりでしかるあなたのこころおくすこれました

すべれてくれたよね 素直すなおになれずかなしくさせた
こんなぼくにいつもいつでも わらいかけてくれて

ちちははよただありがとう なに出来できないぼくだけど
あなたがくれたあいすべつよきしめてきてく

いつからか距離きょりまれては みずかおやとははなれていた
ずかしいとか ウザイとかって格好かっこうばっかつけてた
だけどたまにかけたさびしいかおがかなりバカらしいかなしい過去かこ
って気付きづいたから ぼくほうから 今度電話こんどでんわかけてみるから

いつもあまりはなさないけど 「しつこいよ」とってしまって
それでもあなた いつもぬくもりをくれた こんなぼく

ちちははよただありがとう あなたのとしてまれて
これ以上いじょうないしあわせを きしめ きてく

あの日初ひはじめてった自転車じてんしゃ うまくれずに僕泣ぼくないていた
あなたは膝小僧ひざこぞういたそう」とやさしいかおでなぐさめていた
あれから月日つきひながれあるとし サビついた補助輪見ほじょりんみつけすとき
ぼくにも おなかおしてわらいかけるとめた

ぼくまれ いままでのなか あなたになにかえせたろうか?
だけど ひとつ えるとしたら 「いつも ありがとう」

ちちははよただありがとう 何度言なんどいってもりないよ
あなたがくれたあいすべ言葉ことばにできたらいいのにな

ちちははよただありがとう 素直すなおいたい気持きもちを
あなたがくれたあいすべいまもこれからもぼくになる