「空への手紙」の歌詞 GReeeeN

2009/6/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
今日きょうはいつもよりもまぶたがれていて
こころではどしゃぶりのあめっていて
みみうたがった しんじたくないリアルがいままえにある

なにがなんだかわからない日々ひびこころすべうしないて
なみだれることはなくて こんな姿すがたばっかさせてごめん

ひとりぼっちのたびかけ さみしかったりつらくない?
アナタがいていると ほら このあめわるでしょう

こころざしなかばで わすものばかりで やりのこしたことがきっとくやしいよね?
ゆめいかけてるアナタの姿すがたいまでもこのむねかがやいてる

あのこえこえてます あの場所ばしょおもします
相変あいかわらずの景色けしきなかに アナタがいないからなにちが

ひとりぼっちのたびかけ うれしいことやたのしいこと
つけたアナタの笑顔えがおあめにじわるよ

最後さいご会話かいわおぼえています つたえたいことはいま
むねなかにしまってます いつか手紙てがみけるように
『ごめんね』や『ありがとう』をえず もう二度にどえない場所ばしょ
かけがえのないアナタ 「またね、、、」 いつか手紙てがみとどけるよ

『さよなら』もわずにわか心残こころのこりもあるけれど
アナタのことだからきっと わらっててるんでしょう
あれから月日流つきひながれていま わらない笑顔見えがおみせたいから
心配しんぱいだけはかけないよ ぼく頑張がんばれてるよ