1. 通勤列車歌詞

「通勤列車」の歌詞 GUMI

2013/3/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
片道一時間かたみちいちじかんひとりになれる時間じかん
地下鉄潜ちかてつもぐんでとどかなくなった携帯けいたい

音楽聴おんがくききながらねむりについたフリ
だれにも邪魔じゃまされたくない瞬間しゅんかん

人生じんせいかんがえるにはすこみじかすぎるけど
きみのことかんがえるにはすこしだけながすぎるかな

どろだらけきずだらけこぼちた感情かんじょう
ぼくのほうへきみのほうへながれてえてく
とおぎた街並まちなみにのこされたぼく
嘲笑あざわらうように日常にちじょうはし

一人ひとりとまた一人降ひとりおりていく降車駅こうしゃえき
宛見失あてみうしなったぼくのこしたまま

毎日毎日まいにちまいにちむそのたび
おもたくかたけるカバンは

人生じんせいつつむにはすこちいさすぎるけど
きみのことつつむにはすこしだけおおきすぎるかな

どれだけの感情かんじょう時間じかんえにしてきたんだっけ
つかれた身体からだゆめなかまでってゆく

どろだらけきずだらけ辿たどりついた感情かんじょう
ぼくのこときみのこと明日あすへといざなう
とおぎた街並まちなみにちすくむぼくたちを
つつむように日常にちじょうはし

また今日きょうおな日常にちじょうはし