「Flower」の歌詞 Gackt

2009/7/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
もうもどれなくて もどせなくて
うしなったものが あまりにもおおすぎて
季節外きせつはずれのゆきつかんで そらにばらまいた

オマエのこぼしたなみだ粉雪こなゆきわってゆく
まぐれなその微笑ほほえみに ただれたくて

ゆるされはしない つみかえして
たとえ地獄じごくち このかれても
微笑ほほえみをくれる オマエがいればいい

まれわるならはな

ただうばってた にくしみってた
あの時代じだい片隅かたすみいてた
もないオレには ただまぶしすぎるはなでした

オマエののこした言葉ことばいまむねつの
未来あすのない世界せかいなどない…」と
微笑ほほえんで

一人ひとりねむれない よるはまたおとず
たとえただむなしい 結末おわりってても
オマエがいればいい ただそれだけでいい

まれわるならはな

一人残ひとりのこされ なみだて…
無情むじょう季節きせつわりつづける

おもに しがみついても
あのころには もどれなくて
わりかなしみかさねて

大地だいちてしなく すべてはうつくしく
オマエがじた 季節きせつぎてゆく
かなしみはいまえはしないけれど
おもがれていた 世界せかいはじまる

かなしみのてに やっとつけた
オマエというはなきしめた
やるせないほどに あいこぼれて

まれわるならオマエのそばに
You are the irreplaceable flower.