1. Last Song歌詞

「Last Song」の歌詞 Gackt

2003/11/12 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あてもなく一人ひとり さまよいあるつづけた
かすかな吐息といきを ただしろめて
うつわりゆく 季節きせつのそのはかなさに
理由わけもなく なみだがこぼれた
いまあいしている…」

つづかなしみは しろゆきわる
ずっとそら見上みあげてた
この身体からだえるまえいま ねがいがとどくのなら
もう一度いちど つよきしめて

わかえなくて 何度なんどもキズつけていた
そんなときでも いつもやさしくて
ふいにわたされた 指輪ゆびわきざまれていた
ふたりの約束やくそくかなわないままに
いまおぼえている…」

とおざかるおもは いつまでもまぶしすぎて
もっとそばたかった
もう二度にどえないけど いつもそばささえてくれた
あなただけはわらないでいて

最後さいごせたなみだせなくて

このしろゆきたちと 一緒いっしょえてしまっても
あなたのこころなかにずっと いていたいから

りそってった ぬくもりはわすれないでね
ちがだれかをあいしても
最後さいごいたあなたのこえを このまま ずっとはなさないまま
ふかねむりにちたい
つづかなしみは しろゆきわる
ずっとそら見上みあげてた
この身体からだえるまえいま ねがいがとどくのなら
もう一度いちど つよきしめて

「もう一度強いちどつよきしめて…」