「Mirror」の歌詞 Gackt

2000/2/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
肝心かんじんなときには
いつもそばにいない
なに大切たいせつなモノなのか
わかろうともしない
だれもがキミに
きしてる
目新めあたらしいモノばかり
いかけていて
ふる時代じだい
何処どこったの!!』
そんな口癖くちぐせ
きみなげ資格しかくはない
きみうつってる
ぼく笑顔えがお
すべてがむくわれない
最初さいしょから ワカッテタ
ハズナノニ…
この大空おおぞらした
んで
一人ひとりきりで…
ぼくわれたからだ
きみうで
けとめられるかな
しんじるモノは
すくわれる”なんて
訳上手わけじょうず
てんし戯言たわごと
かみさまうそがじょうず
ぼくうつってる
キミのなみだ
すべてが摩耶枷まやかし
最後さいごには ワラッテタ
ハズナノニ…
この大空おおぞらした
って
二人ふたりきりで…
ぼくこわれたココロに
きみこえ
とどきますようにさけんで…
そして もっとギュッと
きしめて

なにかをるために
なにかをうしなって
だれもがきずついてる
この大空おおぞらした
わされて
ひとにぎりで…
ボクの弱気よわき態度たいど
キミのこえ
をつけてくれたから
このおおきなおもいが
とどかないなら
ひとおもいに…
ボクの粉々こなごなこころ
キミのゆび
最後さいごのトドメをして…