「くじらの骨」の歌詞 Galileo Galilei

2012/1/25 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
Galileo Galilei
文字サイズ
よみがな
hidden
しろきみのひらでころがしてきた
ずいぶんまえわたしたちはこの場所ばしょにきていたんだ
灰色はいいろすなかぜかれていったけど
ずいぶんまえにそれがどこへいくのかづいていて

砂浜すなはま線路せんろ
うみうえをはしるトレインは終着駅しゅうちゃくえき
やるのない黄色きいろ太陽たいようしずんでしまう
言葉ことばつらさむさをけむにまく毛布もうふをつくってあげる
ノートのうえねむっているようなきみ

くじらほねさがしてあつめてみたけれど
めんどくさくなってきみにぜんぶあげたんだ
できたよってきみもともどしてくれたけど
いじわるなかぜくじらけた

めていってしまう
それも今日きょうおわわらせるんだ
車窓しゃそうれるランプがわたしをまだまよわせようとしてるの
うれしかったしたのしかったしつらかったしくやしかったし
それらをいてたさびしさにわれることももうないんでしょ

砂浜すなはま線路せんろ
うみうえをはしるトレインは回送列車かいそうれっしゃ
けがましい太陽たいようがのぼってきた
くじらになればいいとをひいたきみにね
全部ぜんぶあげよう
そのかわりしろちいさくなってここにもどれたら
いいな