1. ハマナスの花歌詞

「ハマナスの花」の歌詞 Galileo Galilei

2010/2/24 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴
文字サイズ
よみがな
hidden
あめって にじ出来でき綺麗きれいね はいオワリ
さびしくなって あなたがいて ひとりじゃない はいオワリ
言葉ことばはいつもうすっぺらいよ ぼく勝手かってけた
卑屈ひくつかお自分じぶんわらった 本当ほんとうきたかったのに

まりたくないと まったままで きだしたこえ
きみしずかにうなずいた

世界せかいけて ぼくはここにいる
れることは まるのとはちがうから
ぼくぼくで いられたら
どれだけ いいだろうかなんて
なげくだけの まった時間じかんそう

ぼくらを赤裸々せきらら表現ひょうげんしたような うそくさいリアルの映画えいが小説しょうせつ
無力感むりょくかん馬鹿ばからしさと 共感きょうかんかんじるんだ

気付きづけばぼく一人ひとり そばまでてよ
きみとみつけた場所ばしょ ひとつだけたねえよう

あるして 随分過ずいぶんすぎて
すこつかれたら あのたねみずをやろう
ぼくぼくでいられたら
きみきみでいられたら
ぼくらにいろをしたちいさなばら

ハマナスのはな
ぼくらにからみつく流行はやり世界せかい
つよ朝露あさつゆれて
がって
ひとつだけいた

世界せかいひろがって ぼくらここにいる
幾千いくせんいろすこしずつざってく
ぼくぼくでいられるよ
きみきみでいられるよ
あのはないろけっして わすれないから

いろあせないよ