「僕から君へ」の歌詞 Galileo Galilei

2010/11/24 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴
文字サイズ
よみがな
hidden
こと結末けつまつ案外先延あんがいさきのばしになって
ぼくらの確信かくしんふくらんではしぼんでしまうから

だれだって自分じぶんあるいてる実感じっかんしくて
いてはまり かささねをたしかめているよ

大人おとなになれない子供達こどもたちせた汽車きしゃ
あきらめきれない理想りそうとこっちをいったりきたりさ

理解りかい納得なっとくもするわけなくて
それを言葉ことばにもできなくて
だましだましあるいてはいるけど
汽車きしゃぼく頭上空高ずじょうそらたかはしっていく

どこへくのかな

すすめてない理由わけ丈夫じょうぶなブーツがないから
馴染なじめないんだずっと セオリーどおりの成長過程せいちょうかてい?
くやしくてぼく裸足はだしになって爪先立つまさきだ
おもったよりもつよくこのあしあるけるみたいだ

すなぼこりにきみした足跡あしあとをみつけた
汽車きしゃ車窓しゃそうからころちたあの ちかったこと

ぶらげるだけのゆめならいらない
あゆみをめるわけもやめた
背中合せなかあわせにあるきだしたぼく
頭上ずじょうそらおなつめたさでつづいていく

ちかいのうたこえる

はやくもっとはや
ぼくあし地平線ちへいせんかう
きみこえるように
まよいもあこがれも希望きぼう弱音よわね
おなそらもとうた

とおくなるほどにきみ背中せなか
つよおおきく確信かくしんになった
かえればそんなきみえて
ぼくぼく地平線ちへいせん目指めざさなきゃ

理解りかい納得なっとくもしなくていいや
わかったフリなんてぼくはしない
汽車きしゃはどこかで汽笛きてきらして
ぼくらがふと頭上空高ずじょうそらたか見上みあげた未来みらい

ちかいのうたこえる