「四ツ葉さがしの旅人」の歌詞 Galileo Galilei

2010/9/22 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴
文字サイズ
よみがな
hidden
雨降あめふり バスにぼく
今日きょうすこしだけ自由じゆうになれる
そっとつないでないほう
きみあおかされた

バスはのろのろとまちあとにした
指先ゆびさきからはたよりない体温たいおん

さがしの旅人たびびと
ちいさなやす部屋へやすこしのおかね
希望きぼうつけられますように
さきナシのしろ切符きっぷ
まどからかぜばす

雨上あめあがり バスからりたぼく
とおくなるクラクション背中せなかした
出発前夜しゅっぱつぜんやねむれなくて
かたったはなしつづきをしよう

ひとうみなか はなしたら
ぼくらはきっと暗闇くらやみなか

さがしの旅人たびびと
ちいさな理由りゆうひとつ きみきしめた
どうやってまもればいいんだろう
ぼやけた決意けついいま
きりみたいにぼくらをまよわせる

つないだおもみをかんはじめた
いきづかいが不安ふあんつたえる
りないのに一杯いっぱいむねなかいた
みち見失みうしなったぼくえるのはなんだろう

なんだろう?

バスはとおうしろ やめるのかと
くびよこって ぼくらはもどらない

さがしの旅人たびびと
ありがとうあおかさはここにいていくよ
たしかなことさがして
芽吹めぶ季節きせつ
ぼくらはたびをしてく