「稚内」の歌詞 Galileo Galilei

2011/2/16 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴
文字サイズ
よみがな
hidden
アメーバみたいないぬ落書らくがれたタイヤだらけのガレージ
3みっつのコードでつくったきょくぼくらのあくびのわりだった

かぜつよ退屈たいくつまち滅多めったれないくもったそら
おさえこまれてしまうよ ふるいピアノが悲鳴ひめいげた

ひかりあるほうへこの場所ばしょから
カーブをえがいて感情かんじょうはず

ふくらむ音楽おんがく ぼくらのパレード 鼓膜破こまくやぶほどそだ
かじかむのひら にぎったギターで鼓膜破こまくやぶほどにかきらせ

イギリスかぶれの家出少女いえでしょうじょあめたれふてくされてる
あないたかさをさしてあげるから ぼくについてきて

うえにあぐらをかいて
とおくをきみ横顔よこがおむね

今此処いまここはじまるパレード すすんでく
きみかぜくもぞらひとつになってはずんでる

裸足はだし足跡あしあと ふかくいくつものこしたい
ねてみせるんだ きみわらってくれるように

なにこのんで なにきらって なになにくして
どこへかおう どこかできみ
だれかにわらわれてもいいよ

ガレージのかぎくびにぶらげた
さよならつめたいみずながれるさわ
あのきょくきながら

うえかぜよりはやはしってく
うつ物全ものすべひとつになってぼくなか

今此処いまここはじまるパレード つづかせよう
となりにいるきみかおくもらないようにらすメロディー

ふくらむ音楽おんがく ぼくらのパレード
ふくらむ音楽おんがく ぼくらのパレード

アメーバみたいないぬ落書らくがれたタイヤだらけのガレージ
ふるいピアノがきしんでいた ここにはもうだれもいないよ