「管制塔(acoustic)」の歌詞 Galileo Galilei

2011/2/16 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴
文字サイズ
よみがな
hidden
あおかぜたかおかうえ きみ二人ふたり未来みらいえがいた
おおきな紙飛行機かみひこうき かぜせられてどこまでもんでいった

とおをしてるぼくかおきみこえしてわらったね
つよかぜいてばされたきみ帽子ぼうしいかけた

のぞんだ未来みらいるのかって不安ふあんでいつでもぼくすこふるえてた
ぼくらがばした希望きぼう紙飛行機かみひこうきことをいつまでもきみはなしていられたらいいのに

管制塔かんせいとう ぼくらのばした未来みらい
えるでしょう 綺麗きれいでしょう そいつをしんじていたいんだ
管制塔かんせいとう ぼくらのしんじた未来みらい
いつのるんでしょう それをっているんだ

あかくなったそら それにまるおか 時間じかんはいつだってぼくらを無視むしして
んでいくんだ ぼくらの時間じかんだっていつのまにかすすんでいる

こえわってびて自分じぶん大人おとなになっていくのをかんじていた
きみ二人ふたりかたった大切たいせつ未来みらいだけは絶対ぜったいわらないようにちかおう

管制塔かんせいとう 大人おとなになったぼくらが
えるでしょう わらないでしょう 色褪いろあせないまま
管制塔かんせいとう あの未来みらいはもう
すぐそこにてるでしょう ぼくらはっている

くらくなったそら ひかかがやほし わっていく時間じかん時代じだい
ちかづいてくる未来みらい 紙飛行機かみひこうきんでゆく

管制塔かんせいとう 二人ふたり夢見ゆめみ未来みらい
えるでしょう 綺麗きれいでしょう ぼくにはえるよ
管制塔かんせいとう どんな未来みらいでも
れるよ わらない ぼくらのままで

いつまでも
どこまでも