「花の狼」の歌詞 Galileo Galilei

2012/1/25 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
Galileo Galilei
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくてつつめとのこぎりみたいなきばってる
頑丈がんじょう毛皮けがわはどんなものきずつけられない
はなそだ
たねべる
いぬきらいだ
ぼくにているから

ぼくの岩場いわばきみまよいこんできたあの
しばらくのあいだのぞいていたんだ
しまったづかれた
こっちにってきた
うなってみたのに
ぜんぜんこわがらなくて

ほそくてしろぼくくびうしろをかいた
かみなりにうたれたみたいに
きみきになってしまったみたい
はじめての気持きもちだったよ

そのになればすぐ

世界せかい半分はんぶんぼくのものになるはずさ
そうしたいほど特別とくべつ気持きもちなんだ
世界せかいのもう半分はんぶんきみだけにあげよう
心臓しんぞうまるほどよろこんでくれるんだろう

それから毎日君まいにちきみぼくのところにあそびにきた
一緒いっしょはなそだててあきになったらたねべた
季節きせつが3まわるころ
神様かみさまぼくはなったきみころした

ほそくてしろがもうぼくれてはくれない
大好だいすきなきみつちしたねむ
神様かみさまさがして
あたまからべてやるぞ

ついにそのになってしまって

世界せかいのすべてがぼくのものになったとしても
きみだけがいない
どこをさがしてもいないくて
向日葵ひまわりたね岩場いわばにたくさんいたよ
つちしたうときに
よろこんでくれるように