「SIREN」の歌詞 Galileo Galilei

2011/2/16 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴
文字サイズ
よみがな
hidden
昨日きのうばんからきみつきてる 朝日あさひのぼってもつきえるの?
こえをかけてもこえていない そんなところがぼくきらいできだった

カレンダーをやぶおと目覚めざめたつめたいあさはいつだっけ
ているうちにあめってんで テレビからインチキおんなこえがする
毛布もうふなかきる革命家かくめいかねよ」そんなかんじのことはなしてた
おなじような日々ひびをぐるぐるまわ三周さんしゅうくらいしてぼくんでいく

わかりきったことっているだけ それでもここからそうぜ
まったやりかたぼくらはしあわせになんかなれない

サイレンがってみみをつんざいた やっときみつきるのをやめた

いそいでらばった欠片かけらあつめて きみ気付きづかないうちにかくしたぼく
毛布もうふなか

やさしいだけの言葉ことばぼくくちからシャワーのようにしてにじつく
七色なないろひか綺麗きれいにじを「きたないろね」ってきみわらって

またりだしたあめなか かきしたにじいろわすれて
反射はんしゃしあうガラスの欠片かけらみたいにぼくらはこすった

サイレンがいてみみをつんざいた ったゆびはもうすぐはなれてく

毛布もうふなかからそっと片足かたあししてった部屋へやからはやていこう
カレンダーをやぶおと目覚めざめたつめたいあさ
いつだっけ ねぇいつだっけ
そとつきようよ ぼくはそれをているよ
もうそれだけでいい
本当ほんとにそれだけでいい

いつもとおなきみつきてる これからどうしようかなんてかんがえてない
バックミラーきみう サイレンのおとからとおざかっていく