「Sex and Summer」の歌詞 Galileo Galilei

2012/10/31 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
Galileo Galilei
文字サイズ
よみがな
hidden
自分じぶんこいをするぼくらは
ものくるまはしらせ
仲間なかまたちとひろおかあそんでる
それでもなにかがちがうと
わすられた路地ろじさき
つかずのおおきなかべつけた

青色あおいろのペンキをってきてろう
ツバメのかざりをってきてばそう
きみおとここう」
きみおんなこう」

丸描まるかいて指先ゆびさきばして
にじんだらはじっこをかさねて
ねてかんだらそのまま
にじにじつなげたらかえろう
くらくなるくらくなるよる
またえる
またえる明日あしたむかえよう
むかえてもきっと
あのおかわらない日々ひびぎて
ぼくらは結局けっきょくべない

あのときからぼくれないやつでいること
きみはたぶんかってるんだろう
いやそれとももうかんがえることもやめて
また後部座席こうぶざせきだるそうにしてるのかい

そのうちあぶられたそいつをてて
なにかしらをさとったきみはいなくなって
いてけぼりにされたぼく
いまだにあの1日いちにちゆめている

丸描まるかいて指先ゆびさきばして
にじんだらはじっこをかさねて
ねてかんだらそのまま
にじにじつなげたらきみ
あいしてるあいしてるわなきゃ
またえる
またえるあのもどれたら
もどれてもきっと
あのおかわらない日々ひびぎて
ぼくらは結局けっきょくべない