1. 硝子の少女歌詞

「硝子の少女」の歌詞 Gero

2013/7/24 リリース
作詞
すこっぷ
作曲
すこっぷ
文字サイズ
よみがな
hidden
きらいなひととなりにいるの
いやしくわらってるの
友達ともだちなんてそんなかおして
よくもそんなことえたよね

どんなに心隠こころかくして
うなずいてもうらかおうらやんだりしてる

かいわせでわらって
心尖こころとがらせて
一面いちめん綺麗きれいでも中身なかみ破片はへんあつまり
硝子ガラス少女しょうじょ
そうよ繊細せんさいなのです

その悪口わるぐちだれのことなの
わたしのことなのかな
あのもきっと自分じぶんのことが
可愛かわいくて仕方しかたがないのね

どんなにむねちかっても
気付きづかずまたきずつけたりきずついたりしてる

そんなかおしてないで今更泣いまさらないても
そんなわがままだらけできなんてもうえないよ
硝子ガラスみたいにね
心割こころわれてしまうもの

きらいなものがひとつふたつと
次第しだいにくえていき
破片同士はへんどうしにくにくまれ
きらきら

かわいた声枯こえからして
なみだながして
あののことがきらいなわたしのことが大嫌だいきらいで
硝子ガラスこころ
れておおしまいなのです