「僕と花」の歌詞 Goose house(Cover)

2014/12/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼく ひとつあげましょう だからあなたのをください
まだたことのないはな あたらしい季節きせつさがしてた

なんにもわないぼくはな とおぎるひとにサヨナラ
なんにも出来できないはずなのに すこしだけとおくをてた
のようにかさねておいたなや
あさにはわすれてしまうから すぐに

よるばしそっとって またなにおうとしてるから
つまりはぼくはな さがしてた

なんにもいらないはずなのに 何気なにげなくそとはな
なんにもいらないはずなのに ためらわずそれを
テーブルのうえ かさねていたほん
名前なまえらないはなはさんでた

よるばしそっとって またなにおうとしてるから
つまりはぼくはな さがしてた

ぼくをかざしたってったって わらないことばかりだから
いつもぼくじて げてた

よるばしそっとって 何度なんどおうとしてた言葉ことば
あるしたぼく言葉ことば それだった