「天体観測」の歌詞 Goose house(Cover)

2014/12/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
午前二時ごぜんにじ フミキリに 望遠鏡ぼうえんきょうかついでった
ベルトにむすんだラジオ あめらないらしい

二分後にふんごきみ大袈裟おおげさ荷物にもつしょって
はじめようか 天体観測てんたいかんそく ほうきぼしさがして

ふかやみまれないように 精一杯せいいっぱいだった
きみふるえるにぎろうとした あの

えないモノをようとして 望遠鏡ぼうえんきょうのぞんだ
静寂せいじゃくいて いくつもこえまれたよ
明日あしたぼくらをんだって 返事へんじも ろくにしなかった
「イマ」という ほうきぼし きみ二人ふたり いかけていた
オーイエー アハーン

けば いつだって ひたすら なにさがしている
しあわせの定義ていぎとか かなしみのとか

まれたらぬまで ずっとさがしている
さぁ はじめようか 天体観測てんたいかんそく ほうきぼしさがして

いままでつけたモノは 全部ぜんぶ おぼえている
きみふるえるにぎれなかったいたみも

らないモノをろうとして 望遠鏡ぼうえんきょうのぞんだ
暗闇くらやみらすようかすかな光探ひかりさがしたよ
そうしてったいたみを いまだに ぼくおぼえている
「イマ」という ほうきぼし いま一人ひとり いかけている
オーイエーアハーン

びるにつれて つたえたいことえてった
宛名あてな手紙てがみくずれる程重ほどかさなった

ぼく元気げんきでいるよ 心配事しんぱいごとすくないよ
ただひとつ いまおもすよ

予報外よほうはずれのあめたれて きだしそうな
きみふるえるにぎれなかった あの

えてるモノを 見落みおとして 望遠鏡ぼうえんきょうを またかついで
静寂せいじゃく暗闇くらやみかえみちけた
そうしてったいたみが いまだにぼくささえている
「イマ」という ほうきぼし いま一人ひとり いかけている

もう一度いちど きみおうとして 望遠鏡ぼうえんきょうを またかついで
まえおな午前二時ごぜんにじ フミキリまでけてくよ
はじめようか 天体観測てんたいかんそく 二分後にふんごきみなくとも
「イマ」という ほうきぼし きみ二人ふたり いかけている
オーイエー アハーン
ヌアァー アハーン