「粉雪」の歌詞 Goose house(Cover)

2014/12/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
粉雪舞こなゆきま季節きせつはいつもすれちが
人混ひとごみにまぎれてもおな空見そらみてるのに
かぜかれて たようにこごえるのに

ぼくきみすべてなどってはいないだろう
それでも一億人いちおくにんからきみつけたよ
根拠こんきょはないけど 本気ほんきおもってるんだ

些細ささいいもなくて おな時間じかんきてなどいけない
素直すなおになれないなら よろこびもかなしみもむなしいだけ

粉雪こなゆき ねえ こころまでしろめられたなら
二人ふたり孤独こどくこと出来できたのかい

ぼくきみこころみみてて
そのこえのするほうへすっとふかくまで
りてゆきたい そこでもう一度会いちどあおう

かりいたいなんて 上辺うわべでていたのはぼくほう
きみのかじかんだにぎりしめることだけでつながってたのに

粉雪こなゆき ねえ 永遠えいえんまえにあまりにもろ
ざらつくアスファルトのうえシミになってゆくよ

粉雪こなゆき ねえ ときたよりなくこころれる
それでもぼくきみのことまもつづけたい

粉雪こなゆき ねえ こころまでしろめられたなら
二人ふたり孤独こどくつつんでそらにかえすから