1. ray歌詞

「ray」の歌詞 Goose house(Cover)

2014/12/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
わかれしたのはもっと まえことだったような
かなしいひかりふうめて かかとすりらしたんだ

きみといたときえた いまえなくなった
透明とうめい彗星すいせいをぼんやりと でもそれだけさがしている

しょっちゅううたうたったよ そのときだけのメロディーを
さびしくなんかなかったよ ちゃんとさびしくなれたから

いつまでどこまでなんて 正常せいじょう異常いじょうかなんて
かんがえるひまほど あるくのは大変たいへん
たのしいほうがずっといいよ ごまかしてわらっていくよ
大丈夫だいじょうぶだ あのいたみは わすれたってえやしない

理想りそうつくったみち現実げんじつえていくよ
おもはその軌跡きせきうえかがやきになってのこっている

わかれしたのはなんなんのためだったんだろうな
かなしいひかりぼくかげまえながばしている

時々熱ときどきねつるよ 時間じかんがある時眠ときねむるよ
ゆめだとわかるそのなかきみってからまたこう

晴天せいてんとはほどとおわらない暗闇くらやみにも
ほしおもかべたなら すぐ銀河ぎんがなか
あまりかなくなっても くつあたらしくしても
大丈夫だいじょうぶだ あのいたみは わすれたってえやしない

つたえたかったことが きっとあったんだろうな
おそらくありきたりなんだろうけど こんなにも

わかれしたこと出会であったことつながっている
あの透明とうめい彗星すいせい透明とうめいだからくならない

◯×△まるばつさんかくどれかなんて みんなくらべてどうかなんて
たしかめるほど きるのは最高さいこう
あまりかなくなっても ごまかしてわらっていくよ
大丈夫だいじょうぶだ あのいたみは わすれたってえやしない

大丈夫だいじょうぶだ このひかりはじまりには きみがいる