「僕らだけの等身大」の歌詞 Goose house

2017/1/6 リリース
作詞
Goose house
作曲
Goose house
文字サイズ
よみがな
hidden
おもがったプライドは
何度なんどもやぶりてたのに
ころべばやっぱりいたくって
うなされながら 寝返ねがえりをうつよる
時間じかんやりいやられ
無情むじょうたてにはじかれて
仰向あおむけに空見上そらみあげてた
納得なっとくさせて またがって

いつかやれる もっとやれる
いまたよりないわけ
きっとどっかで本気ほんきにしてるんだ
あきらめてないんだ

ゆめるならどうしたって背伸せのびはするんだ
ほおちつけるあめほそめても
だれかの真似まねをしたって こころとせないさ
でこぼこだっていいから
ぼくらだけの等身大とうしんだいえがくよ

ひろったまんまの言葉ことば
ならべてもすぐ見抜みぬかれて
なさけない心臓しんぞうさる
つめたい視線しせん いつもおびえている
奇抜きばつ真似まねはできなくて
常識じょうしきはいかがわしくて
あしつけられないまま
つくえうえで ずっとちぢこまって

いつかえる きっとえる
黄昏たそがれれた希望きぼうさえも
あてにしながら
じたばたしてるんだ
しんじてみたいんだ

ゆめみちはいつだって
くら手探てさぐりで
かかとすりけるかぜふるえても
だれかの足跡あしあとだって っすぐにはびてないさ
がりくねっていいから
ぼくらだけの等身大とうしんだいえがくよ

だれくらなにかさ
ぼく等身大とうしんだいうの?
はじめてのふくためす ような
不安ふあんかおのままで

ゆめるならどうしたって強気つよきにならなきゃ
ほおちつけるあめわらいとばせたら
だれかの真似まねをしたって こころとせないさ
でこぼこだっていいから ぼくらだけの等身大とうしんだいえがこう