1. 冬のエピローグ歌詞

「冬のエピローグ」の歌詞 アニメ 四月は君の嘘 オープニングテーマ Goose house

2014/11/19 リリース
作詞
Goose house
作曲
Goose house
文字サイズ
よみがな
hidden
あわゆきのように ふわりとちてく
なみだおくに きみとていたはずの永遠えいえん
度目どめふゆとおざかっても むねがすおも
りつもるだけのエピローグ

つめたいまどむっつのはな しずけさにえるゆき
ずっとつづくとおもってた あのやさしい日々ひびつづきをせてくれる

携帯けいたい着信ちゃくしん だれといても かぶのはきみのかお
きらいになろうと ダメなところをそうとしても
いとしい記憶きおくかくせない

あわゆきのように ふわりとちてく
なみだおくに きみとていたはずの永遠えいえん
度目どめふゆとおざかっても むねがすおも
りつもるだけのエピローグ

川沿かわぞいのみち をつなぎ ふたりしてうたってあるいた
きみがきだったメロディ いまならかずに きっとくちずさめるよ

くしゃみや仕草しぐさまで ていたよね 臆病おくびょうだったあい
あのふゆから みかけのページ しろしおり
てたらもうえないがして

きしめられたよる かさねた約束やくそく わらいた日々ひび
言葉ことばよりもたしかな記憶きおく
きみがえないんだ きになるのは一瞬いっしゅんだったのに
色褪いろあせてもなおこいしくて

どうかわらっていて わすれないでいて
ふゆそらぬぐえない気持きもちをあずけて
こんなにもだれかをあいせたことをしあわせにおもえる
わりのいらないエピローグ

あわゆきのように ふわりとちてく
なみだおくに きみとていたはずの永遠えいえん
度目どめふゆとおざかっても むねがすおも
りつもるだけのエピローグ