「君の髪にふれたい」の歌詞 HARCO

2007/1/31 リリース
作詞
青木慶則
作曲
青木慶則
文字サイズ
よみがな
hidden
ひといきれするえき階段かいだん
はぐれないようにきみてる
まち見下みおろす 浅葱色あさぎいろそら とどきそう

電車でんしゃってちょっとさきまで未来みらいあずけよう
いつものようにさりげないのが今日きょうせつないから

きみかみにふれたい このおもいをとどけたい
あどけない横顔よこがおせられた指先ゆびさき

だれかんじてるの?
かるはずもいさ それでも

ひかりやみのストライプに沿ってかくれするきみ姿すがた
たった一度いちどのシャッターチャンスものがさないように

おおきなかわわたるそのとき 西日にしびまって
かたのうえからかしたひかり ぼくだけのハレーション

きみかみにふれたい このねがいをとどけたい
あどけない横顔よこがおせられた指先ゆびさき

だれかんじてるの?
ひらかないきみのドア、それでも

たとえどんな夢物語ゆめものがたりでも
言葉ことばえれば
きみ微笑ほほえんでくれるなら
けよう