1. 金色のライオン歌詞

「金色のライオン」の歌詞 HIGHWAY61

2003/6/1 リリース
作詞
高橋研,川村かおり
作曲
高橋研
文字サイズ
よみがな
hidden
金色きんいろかみをなびかせて きみぼく背伸せのびをした
くわえ煙草たばこのまま 微笑ほほえんだ金色きんいろのライオン
吉祥寺きちじょうじも もうわっちゃったね ぼくらがったあのころ
ネオンサインだってもうすこやさしかったがする

きみぼくもヒッピーだった たましいをさがして
あてもなくあるつかれては ひとつの毛布もうふなか

友達ともだちえてくたびに ゆめがふくらんでがして
夜通よどおはなしあかしても ねむくなんてなかった
ピストルズのはなしをするとき きみはいつもとおくをていた
ったこともないあのくにまで まるでたびしたように

ぼくたちみんなヒッピーだった たましいきそうなよる
穴倉あなぐらのようなあのみせおどりあかしたっけ

大人おとなになんてなれやしないと あのころわらった仲間なかま
すこしずつけてったよね しかたないことだね
きみのあの元気げんきなのかい きみのあのギターはうたっているかい
またこんなふうにったときは 昔話むかしばなしはよすね

きみぼくもヒッピーだった たましいをさがして
あてもなくあるつかれては ひとつの毛布もうふなか
ぼくたちみんなヒッピーだった たましいきそうなよる
きみのギターにわせうたった わりのないゆめ
わりのないうた

La La La……