「大人列車」の歌詞 HKT48

2015/3/3 リリース
作詞
秋元康
作曲
外山大輔
文字サイズ
よみがな
hidden
うごした車輪しゃりん
きみっているのに…
えきのホームで数秒すうびょう
ぼくわなかった
とおまちかう
うわさ いていたけど
まさかこんなにきゅうだと
らなかったよ

さよならをえば
自分じぶん気持きも
ちゃんと整理せいりできたのだろうか?

大人列車おとなれっしゃ ぼくはまたれぬまま
見送みおくりながら
むねおくいたみに
なにおしえられる
こんなにかなしいわかれと
ふか絶望ぜつぼうふち
ひかりさがすように
かなしみ 克服こくふくして

ベルがった瞬間しゅんかん
きみいたのかな
ここにのこした未来みらい
うし髪引がみひ

約束やくそくをすれば
時間通じかんどおりに
ぼく見送みおくりにただろうか?

大人列車おとなれっしゃ きみ一人乗ひとりの
らぬ世界せかい

ぼくはいつものように
ゆめねがうよ
だれもいないこの場所ばしょ
いつか旅立たびたると…
いましかできないこと
もどかしいだけの青春せいしゅん

こいはいつも中途半端ちゅうとはんぱわり
孤独こどくるよ
わかさとは不器用ぶきよう
やりのこすもの

大人列車おとなれっしゃ ぼくはまたれぬまま
見送みおくりながら
むねおくいたみに
なにおしえられる
こんなにかなしいわかれと
ふか絶望ぜつぼうふち
ひかりさがすように
かなしみ 克服こくふくして