「夜空を越えて」の歌詞 HUNGRY DAYS

2005/2/9 リリース
作詞
古河弘基
作曲
古河弘基
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもどお神様かみさまつめた
ぼく心覗こころのぞんでいる
すっぱいレモンはじめてんでみた
やわらかな初恋はつこいかぜいた

あおんだうるおった
そんなきみのそばにいたくて

一人悩ひとりなやんだよるには 星降ほしふ夜空よぞらえて
きみのもとへいにくよ おもすたびむねがはじけて
もしかしたらのはなしだけど
きみぼくむすばれたなら
いつまでもあいするこころわすれないとちかって

いつもそこにあいまれてる
ささやかなきみへのおくもの

あおんだうるおった
そんなきみのそばにいたくて

一人悩ひとりなやんだよるには 星降ほしふ夜空よぞらえて
きみのもとへいにくよ おもすたびむねがはじけて
もしかしたらのはなしだけど
きみぼくむすばれたなら
いつまでもあいするこころわすれないとちかって

あおんだうるおった
こわれてしまうことのないように

一人悩ひとりなやんだよるには 星降ほしふ夜空よぞらえて
きみのもとへいにくよ おもすたびむねがはじけて
もしかしたらのはなしだけど
きみぼくむすばれたなら
いつまでもあいするこころわすれないとちかって

このこいはばむものはなんですか?
ひびれたぼくのこころ あなたのこころとひとつになれ