「すてきなキッカケ」の歌詞 HY

2004/7/14 リリース
作詞
Hideyuki Shinzato
作曲
Hideyuki Shinzato
文字サイズ
よみがな
hidden
いつものよう家路いえじかう なぜかせまみちばかりあるいて
ぼくだけの秘密ひみつかえみち すてきなキッカケをつけに

ぼくはいつからこんなにもあめきらいになったの?
どうしてなのかな おさまの光浴ひかりあびたがっているの
つまずいたって何度なんどおなことかえしたって
気付きづくまで ことからないのかもしれないね

あぁかえことばかりで いまはただときをまかせ
でもおもして キミはいまからまえいて

どんなにとおくたって くじけそうになっても
夕日ゆうひ沿ってえたうみみちおもして
たとえみとめられなくても マイナスとはちがうよ
そのあなたの気持きもちが いつのにか "ふっ"とわら微笑ほほえむだろう

まよってばかりの毎日まいにち やりれずにごしてためいきついてさ
すてきな出会であってい そんなうちにおもいははなれてゆく
あのくもようにふわりゆらりかんでいたい
かぜすべてをあずけて自由じゆうにこのままゆっくりえて・・・

いつも壁沿かべぞいをたどって こわくてまえかずにいた
それでもなぜかわたしこえがする しんじて

さがものはもういい つけたいことがあるから
そう簡単かんたんにはいかないさ やっとひとつずつ
かんだなみだにはどんな意味いみつの
それがかなしみとしたら つよやさしいあなたにつぎはきっと

どんなにこんなに頑張がんばっても そんなにもうあるけないよ
わけなんかしていたら いちばん自分じぶんかっているはず

どんなにとおくたって くじけそうになっても
夕日ゆうひ沿ってえたうみみちおもして
たとえみとめられなくても マイナスとはちがうよ
そのあなたの気持きもちが いつのにか "ふっ"と・・・

さがものはもういい つけたいことがあるから
そう簡単かんたんにはいかないさ やっとひとつずつ
ひとはこの世界せかい一番弱いちばんよわいものかも
そんなぼくたちだから つよこころがあるかもしれないね