「そこにあるべきではないもの」の歌詞 HY

2004/7/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
炎天下えんてんかにもかかわらずこしひくくする老婆ろうば
なにをしているのかだなんて にもめずまえ
ふと何気なにげ横目よこめ自分じぶんうたがうよ
そこにあるべきではないものをひろある姿すがた
あさからあんなものをたから 砂浜すなはますこやすもう
わらず日差ひざしがつよいけれど さっきたのよりましだ

しも出来できない自分じぶんのふがいなさに
めつけるこのむねなにおもう?

あのからなぜかなやむばかり かんがえもしなかったこと
今日きょうあおそらつづくよ なのにぼくはこのさま
またひろ姿すがたがある このまちにもはないてる
てるかるさとひろおも気付きづいているのはわずか・・・

なに出来できない自分じぶんのあまりの無力むりょくさに
そこにいているはななにかたる?

かなしみもにくしみもすべんで
今日きょうもこのしまかがやいてぼくらを魅了みりょうする
でもね、この似合にあわないものはおもともかえって
しまこころもキレイにするのはどう?

あおそら やさしいかぜどこまでも
このおもいはたして届くとどの?
あたたかなその笑顔えがおいつまでも
それがつづかぎりいつかは・・・

かなしみもにくしみもすべんで
今日きょうもこのしまかがやいてぼくらを魅了みりょうする
でもね、この似合にあわないものはおもともかえって
しまこころもキレイに・・・

よろこびもたのしさもすべぜて
このしま明日あすもたくさんの人々ひとびと魅了みりょうする
気付きづいてそのうら維持いじする努力どりょくをしている花々はなばな
これからもかがやつづける それもかるだろう?