「てがみ」の歌詞 HY

2004/7/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
見慣みなれた文字もじきみから手紙てがみとどいた
いつものしろでキレイなシンプルな封筒ふうとう
何度なんど何度なんどもその手紙てがみかえすよ
めばむほどにきみのキモチがほらつたわるよ

あのふたりは出会であおな季節きせつある
春夏秋冬はるなつあきふゆ どれもおもすたびにおも
ふたりであるいた坂道さかみちや やたらせまみち
どれもこれもおもゆすぎてならない

いまならきみいてくれるかな
あれからなが月日つきひったけど
やっぱりこいには時効じこうなどないのかな
今日きょうきみ後悔こうかいともおもいながら

いてきたおもはふたりでやさしくつつんで
いつかまたったなら たがいに理想りそうひと
きもしないままってきみ背中せなか
つめたいすよ

あれから意味いみのない落書らくがきをつづける毎日まいにち
そと風景ふうけいはなぜか色褪いろあせてえる
気付きづけば またほらきみのもとに手紙てがみいてる
なにもなかったようにいていた いつものラブレター

いまさらなにいてるの?無理むりなのに
自分じぶんしたこたえだったのに
あのまま一緒いっしょなら今頃いまごろはふたりで
どこでなにをしながらおもかざってるの?

いてきたおもはふたりでやさしくつつんで
いつかまたったなら たがいに理想りそうひと
きもしないままってきみ背中せなか
つめたいすよ

いてきたおもはふたりでやさしくつつんで
いつかまたったなら たがいに理想りそうひと
きもしないままってきみ背中せなか
つめたい

いてきたおもはふたりでやさしくつつんで
いつかまたったなら たがいに理想りそうひと
きもしないままってきみ背中せなか
つめたいすよ