1. 僕がキミを歌詞

「僕がキミを」の歌詞 HY

2004/7/14 リリース
作詞
Hideyuki Shinzato
作曲
Hideyuki Shinzato
文字サイズ
よみがな
hidden
勇気ゆうきして さぁそこからておいで
いますぐさぁ そのばしぼくにつかまっていいよ

自分じぶんむねなかでいつもケンカばかりで
なぜこんなにもくるしめるのわたし
あるけばころんでしまいそうで なやめばこたつからないって
どうしてなのかな涙流なみだながれて

"みんなはすごいな"っておもっていて
自分じぶんだけつらいだなんて うらやましがっていてさ

ぼくことなんてだれにもわかるはずがないよ
むねにしまいんでいたあのくるしみを
キミ一人ひとりにはせたくはないから

キミのこころぼくれてってよ
キミがてるものをすべぼくたいから
ぼくにとってキミが キミにとってぼく
一番近いちばんちかくにいれたらいいな

まどからしたひかりやさしくつつんでくれた
なにもかもわすれさせてくれた
このままあたたかく もうすこしだけでいい
ずっととはわないから

キミのこころ今何いまなにしがっているの
キミのねがいをめたあのながぼし
いつかはなれるといいな

キミのすべてをぼくあずけてくれるのなら
なにわなくていい ゆっくりとけてごらん
夕日ゆうひはずっとしずまずにキミを
"もうかないでね"ってしずんでいった

かがや明日あしたへとかい
夢見ゆめみたものを今取いまともどしに
こうよ
二人ふたりこう