1. 初雪歌詞

「初雪」の歌詞 HY

2004/7/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
肌寒はだざむあさきるのも困難こんなんあたたかいココアがいつもより美味うま
風呂ふろからるのもすこ勇気ゆうきがいるよ あと5ふんつかろうなんて毎朝まいあさ

このまちにもれてきたけれど
やっぱりなんかさびしいね

肌寒はだざむよるねむるのも困難こんなんあたたかいおちゃがいつもより美味うま
風呂ふろからるのもすこ勇気ゆうきがいるよ あと5ふんつかろうなんて毎晩まいばん

このまちにもはなはあるけれど
やっぱりなんかさびしいね

ひとつひとつちるゆきのように きたあかしのこせるかな
あたりは白一色しろいっしょくまちに なぜかこころあたたかく

おもったよりもはやちていくもんだね えがいてたそれとは多少違たしょうちがうけれど
そんなことわすれて朝方あさがたからさわぐ あまりのうれしさにさけすすむもんだな

たのしくてわらいはえなくて
そのいろせられるあさ

ひとつひとつちるゆきのように きたあかしのこせるかな
あたりは白一色しろいっしょくまちに なぜかこころあたたかく

ゆきどけのみちかお草花くさばな
あざやかないろはるかざるよ
のこゆきふゆおも出語でかたるように
そうやってぼくもどこかでかがやいてたいな

このまちゆきしろめて まるですべてをもどすように
そのしたからまたるのを やさしく見守みまもって

ひとつひとつちるゆきのように きたあかしのこせるかな
あたりは白一面しろいちめんまちに なぜかこころあたたかく