「君のいない世界」の歌詞 HY

2010/1/27 リリース
作詞
Hideyuki Shinzato
作曲
Hideyuki Shinzato
文字サイズ
よみがな
hidden
季節きせつはずれのゆきが あのおもさせる
かたいながら あるこすあたためるいき

いそがしい日々ひびかえしで あなたとの距離きょりとおくなる
でもっこけの社会しゃかいについていかなくちゃ

Ah ぼくすべてはきみとおしてじゃなきゃはじまらなかったんだ

いま スピードげて記憶きおくをたどると 約束やくそくしてた映画えいがのチケット
今日きょうはなんだかすこちがくちにもさず 彼女かのじょのネイル

雨降あめふりの日曜日にちようび なにをすることもなく あなたと
時間じかんまれ たわいのないはなしきだった

つぎからつぎへとあたらしいことがきてくのは素敵すてきだね
でもなにかをるにはなにかをうしなわなくてはいけないのか

未来みらいえがいたあのとき地図ちずには いつも二人一緒ふたりいっしょだった

いまのこされたままの一輪いちりんはな きみ心写こころうつすように
すこしずつしおれていった ぼくやさしさのりなさで

ひかりせられた ちょうのようなはね
あおそらあまみつおもかべ ばたくよ
ひかりなかひかりなかへと おもほど 夜明よあけとともさびしさがせてるんだ

それならすべうしなって くあてもないほど悲劇ひげきのヒロインをえんじて
もうぼくにはこわいものなんてないのと こころとは裏腹うらはら

いま スピードげてきみまち約束やくそくしてた映画えいがのチケット
まだうかな かたさぶるほどのいきこらえて
きみのいない世界せかいなんて」