「哀しみの向こう側」の歌詞 HY

2010/1/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころはなしをしよう ぼくのありのままのこころなか
よろこびとかなしみにまる 最高さいこうこいぼくはしたんだ

かないで」ってめる いつしか二人ふたりあいだかぜける
あるいてきみ姿すがた本当ほんとう最後さいごぼくかんじた
すごくきみあいしていたから まさかの展開てんかいなににつかず
部屋へやかざおもたちが いまきみ過去かこにさせない

「ずっと一緒いっしょだよ」って口先くちさきだけの約束やくそくでもうれししかった
何回なんかいかわわしたキスもをつぶってて 本当ほんとうきみていなかったのかな?

ぼくこころいてたはずのはなれていて
それでも わらってみずをあげよう まだきみわすれられない

ひさしぶりに一人ひとりむかえる あさしずけさに戸惑とまどかくせず
まったままのぼくこころ 時間じかん無情むじょうにもそれをゆるさない

きみことだからすでに あらたな生活せいかつわらってあるいて
ぼくはまたひとつかなしみを土台どだいにして いとしくながゆめからめよう

いつか出会であってあのおもはなすなら
どれだけきみきでいたか わらいながらはなせるように
えられない過去かこ 出会であわなきゃよかったって あの時目ときめをつぶってればって
不覚ふかくにもおな結末けつまつでも またきみこいをしたい

今日きょうまでの気持きもちも うそのようにいつかはえていくの?
さびしいけど かなしみのこうがわで いつかまたえたらいいな
きみがすごくきでした