1. 太陽の汽車歌詞

「太陽の汽車」の歌詞 HY

2012/3/7 リリース
作詞
Izumi Nakasone
作曲
Izumi Nakasone
文字サイズ
よみがな
hidden
おもたいカバンを背負せおってはしってる
太陽たいようひかり体中からだじゅうかんじて
あのわたし ちいさいころわたし
今日きょうへの不安ふあんより 今日きょうへの希望きぼうしかいだかない

1人ひとりになることこわくはない
おそれなんて たのしんで

くやしくてなみだにぬれるよるむかしわたしおもして
自分じぶんことしんじていた あのころ
なにきても がってた

夢見ゆめみたものとは ちがっていたって
ゆめ気持きもいまわらずに
いやことなんてやまほどある
だけどそのたびに したくなるの

素直すなおあまえること
素直すなお気持きもけとること出来できずに

本気ほんきいかけたいものなら 本当ほんとうかなえたいゆめならば
自分じぶんつめて われるはず わたしなら
たものだけに とらわれないで

なにをそんなにまもって 失敗しっぱいおそれて
上手うまきようとするの?
あの むねめた ゆめは そんなに もろく えたりしない

もう限界げんかいだってかんじるたびに むかしわたしおもして
大人おとなになったら どんな自分じぶんになるか 想像そうぞうしては かがや未来みらい 夢見ゆめみ

いつも いつも くじけそうになったら
あのおもいを もう一度いちど おも

ねがいはかな自分じぶんしんじたぶん
だからげないで わたしならやれる
もうまよわないで あなたならやれる!